在庫分析の重要性 (2013/11/21)

在庫分析の重要性

突然ですが、倉庫の中に過剰な在庫はありませんでしょうか?
製造業や卸業などでは倉庫内にある商品はお客様に売るための商品です。
お客様からの注文をもらった際に在庫が足りないとお客様に待ってもらわなければならず、場合によっては販売機会の損失にもつながりかねませんので、最低限の在庫は必要だと思います。

商品は製造する際や仕入れる際、そこには必ず費用がかかっております。
費用をかけて商品を自社の在庫としているわけですが、在庫や仕掛品なども含めて経理上では資産として計上されます。
商品が売れれば売上として計上出来ますが、売れなければ資産のままです。
売れ筋の商品で放っておいてもそのうちに売れることが分かっていればいいのですが、そういう商品ばかりでもないでしょう。
賞味期限などがある商品であれば、賞味期限切れや出荷期限切れにて最悪廃棄しなければならない可能性もありえます。
また、過剰在庫が多くなってくると保管場所の問題も発生します。
売れるかどうかも分からない商品が倉庫を占めてしまい、売れ筋の商品がおけなくなってしまっては元も子もありません。

過剰在庫に併せて長期滞留品や返品されてきた商品などもチェックが必要です。
倉庫の奥深くに埃をかぶっている商品などはありませんか?
返品されてきた商品が無駄なスペースを占めておりませんか?
こういったものに関しては棚卸の時にも計上されるはずですので確認してみてください。

このように売れるあてのない在庫は極端な言い方をすると【無駄な資産】として計上されているわけです。

こうならないように自社の在庫の傾向を分析して、商品により在庫量を調整してみてはいかがでしょうか?
分析する項目の例として「売れ筋」があります。
商品により、季節により、気候により、経済状況により、様々な条件で売れ筋は変わると思います。
そこをいかに読み取り、状況により在庫数を常に調整をしていくことになります。
また分析する種別としては売れ筋だけでなく、商品自体の単価なども重要な項目でしょう。
単価が高いものの在庫数を増やしてしまうとその分リスクも高くなってきます。
他にも分析するための項目は色々あると思いますが、資産である在庫の分析を行うことにより見えてくることは必ずあります。

自社の倉庫内の在庫数を今一度見なおしてみませんか?

※在庫の分析方法の一手法としてABC分析がありますので、参考にしてみてください。

在庫管理.comに掲載しているソリューション一覧

当サイト「在庫管理.com」では皆様が抱えている課題を解決するソリューションを掲載しております。是非ご覧ください。

課題

業種

誤出荷をなくしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
出荷検品をしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   ネット通販業
複数拠点の管理がしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業
複数荷主の管理がしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業
在庫管理の精度を上げたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
荷主と在庫情報を共有したい   ソリューションはこちら> 倉庫業
賞味期限管理がしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
在庫のロット管理がしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
お買上明細書を出力したい   ソリューションはこちら> ネット通販業
バーコードラベルを出力したい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
保管料・荷役料等の計算を自動化したい   ソリューションはこちら> 倉庫業
バーコードのない商品を管理したい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
賞味期限の入力をもっと楽にしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
低コストで在庫管理システムを利用したい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
ロケーション管理をしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
棚卸を効率的に行いたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
ECサイトと連携したい   ソリューションはこちら> ネット通販業
検品だけ行いたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   ネット通販業
先入れ先出しをしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
外部倉庫の在庫を管理したい   ソリューションはこちら> 製造業

PAGE TOP

空
まずはこちらから 資料請求・お問合せください。 在庫管理にまつわる疑問、質問、ご相談等お気軽にお問合せください。在庫管理専門のスタッフが対応致します。
TEL0120-560085
資料請求・お問合せはコチラ

当ホームページ上から資料請求・お問い合わせができます。