在庫管理.com

物流センターにおけるマテハン機器導入の
メリットとデメリットとは?|ブログ

tel0120-560085資料請求・お問合せフォームへ

News & Topics

物流センターにおけるマテハン機器導入のメリットとデメリットとは?

(2015/7/9)
ネット通販対応在庫管理システム導入のメリット

物流センターにおいて、庫内作業を自動化するために、マテハン機器導入を行うケースがあると思います。
その際には物流の波動や商品特性を考慮しつつ、導入後の効果をシミュレーションして費用対効果を算出します。
それに見合ったマテハン機器を選定し導入することにより、効率の良い保管や、出荷作業を実現します。

1マテハン機器導入によるメリット

自動倉庫やソーター等、大型マテハン機器を導入して自動化すると、機器が効率よく保管作業と出荷作業を行います。大量の商品出荷を処理するには、マテハン導入はかかせません。
人が介在しなくても、商品は自動倉庫の決められたロケーションに保管され、出荷の際には、出荷指示データに基づいて、自動倉庫から出庫され、ソーターによって仕分けされていきます。

マテハン機器といっても、いろいろな種類があるので、どの作業を自動化するかによって導入する機器が決まってきます。
 【マテハン機器の例】
 ・自動倉庫
 ・ソーター(仕分け機器)
 ・デジタルピッキングシステム
 ・ラベル自動貼付け機
 ・自動認識装置
 ・自動梱包・包装機
  など

2.マテハン機器導入によるデメリット

①トラブル時の対応が大変
自動倉庫や、ソーターが何らかの原因で停止した時には、出荷ができないというトラブルに見舞われます。バックアップの仕組みを考慮しておき、トラブル発生時にはマニュアルで出荷ができるよう備えておくことが重要です。

②季節波動に対応しにくい
最大波動に合わせて高額なマテハン機器選定すると、波動が低い時の設備稼働率が下がってしまい、逆に最小波動に合わせてマテハン機器選定すると、波動が高い時に、出荷が間に合わないという事が発生してしまいます。
どこの波動に合わせてマテハン機器を選定するか重要かつ難しいポイントだと思います。

③基本的には特定荷主専用である
荷主によって、商品特性・物流波動が異なるので、特定の荷主向けのラインになってしまいます

まとめ

マテハン機器を導入するためには、確実な目的、シミュレーションによって、ゴールが見えてないと成果を得ることが難しいと思います。
現状の課題を洗い出し、目的意識をもって導入して初めて効果を得られるものだと思います。
ただし、マテハン機器を導入すれば明らかに効果がでると想定される場合でも、あえてマテハン機器で自動化せず、ほぼ人海戦術で作業を行っている企業もあります。
こちらに関しては、また別の機会にご紹介させていただきたいと思います。

在庫管理.comに掲載しているソリューション一覧

当サイト「在庫管理.com」では皆様が抱えている課題を解決するソリューションを掲載しております。是非ご覧ください。

課題

業種

誤出荷をなくしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
出荷検品をしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   ネット通販業
複数拠点の管理がしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業
複数荷主の管理がしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業
在庫管理の精度を上げたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
荷主と在庫情報を共有したい   ソリューションはこちら> 倉庫業
賞味期限管理がしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
在庫のロット管理がしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
お買上明細書を出力したい   ソリューションはこちら> ネット通販業
バーコードラベルを出力したい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
保管料・荷役料等の計算を自動化したい   ソリューションはこちら> 倉庫業
バーコードのない商品を管理したい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
賞味期限の入力をもっと楽にしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
低コストで在庫管理システムを利用したい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
ロケーション管理をしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
棚卸を効率的に行いたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
ECサイトと連携したい   ソリューションはこちら> ネット通販業
検品だけ行いたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   ネット通販業
先入れ先出しをしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
外部倉庫の在庫を管理したい   ソリューションはこちら> 製造業

PAGE TOP

空
まずはこちらから 資料請求・お問合せください。 在庫管理にまつわる疑問、質問、ご相談等お気軽にお問合せください。在庫管理専門のスタッフが対応致します。
TEL0120-560085
資料請求・お問合せはコチラ

当ホームページ上から資料請求・お問い合わせができます。