在庫管理.com

物流業におけるビッグデータ
の活用方法とは|ブログ

tel0120-560085資料請求・お問合せフォームへ

News & Topics

物流業におけるビッグデータの活用方法とは
(2017/6/26)

ビッグデータの活用方法とは?

ビッグデータという言葉をご存じですか?ビッグデータとは一般の情報処理ツールでは処理しきれないほどの巨大で複雑なデータの集合体のことです。
現在、様々な企業がこのビッグデータを収集、活用できるよう取り組みを行っています。
ここでは、物流業におけるビッグデータの活用方法をご紹介します。

1.サプライチェーンの最適化

ある企業ではビッグデータを分析し最適なサプライチェーンを作り上げる事ができるよう取り組みが行われています。
現状の物量やリードタイム、コスト、輸送能力などのデータをもとに分析を行い、最適な物流拠点の場所や配送方法などが特定できます。

2.配送業務のコスト分析

ある大手宅配業者では、ビッグデータを活用し配送する荷物の個々の収支を明らかにする試みを行っています。
これにより、収益構造を明確にし、採算性の改善や運賃の再設定などに利用できるようにするようです。

3.配送時間の精度の向上

ある企業は、ネットショップで商品を買った際のお届け時間を1時間単位で設定できるサービスの開始を発表しました。
物流関連のビッグデータと人工知能を利用することで、予定到着時刻の精度を向上できる仕組みを構築します。

4.配送ルートの最適化

ある配送業者は配送ルートの最適化にビッグデータを利用できるよう準備を始めています。
送り状に記載されている各種情報をビッグデータとして蓄積。人工知能がそれらのデータを加味し、その日の配送ルートの最適化を行います。

まとめ

IoTがさらに普及することで、ビッグデータの収集が以前より簡単に行えるようになります。
また、それらビッグデータの分析に人工知能を利用することで、スピーディーに結果を出す事ができるようになります。
IoTと人工知能の利用が広がることで、今以上にビッグデータが物流の現場で利用されるようになるのではないでしょうか?

在庫管理.comに掲載しているソリューション一覧

当サイト「在庫管理.com」では皆様が抱えている課題を解決するソリューションを掲載しております。是非ご覧ください。

課題

業種

誤出荷をなくしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
出荷検品をしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   ネット通販業
複数拠点の管理がしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業
複数荷主の管理がしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業
在庫管理の精度を上げたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
荷主と在庫情報を共有したい   ソリューションはこちら> 倉庫業
賞味期限管理がしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
在庫のロット管理がしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
お買上明細書を出力したい   ソリューションはこちら> ネット通販業
バーコードラベルを出力したい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
保管料・荷役料等の計算を自動化したい   ソリューションはこちら> 倉庫業
バーコードのない商品を管理したい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
賞味期限の入力をもっと楽にしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
低コストで在庫管理システムを利用したい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
ロケーション管理をしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
棚卸を効率的に行いたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
ECサイトと連携したい   ソリューションはこちら> ネット通販業
検品だけ行いたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   ネット通販業
先入れ先出しをしたい   ソリューションはこちら> 倉庫業   製造業   ネット通販業
外部倉庫の在庫を管理したい   ソリューションはこちら> 製造業

PAGE TOP

空
まずはこちらから 資料請求・お問合せください。 在庫管理にまつわる疑問、質問、ご相談等お気軽にお問合せください。在庫管理専門のスタッフが対応致します。
TEL0120-560085
資料請求・お問合せはコチラ

当ホームページ上から資料請求・お問い合わせができます。