在庫管理システム@wmsによる在庫管理・倉庫管理のよくある課題の解決方法をご紹介します。

課題

賞味期限や使用期限が短い商品を送らないようにしたい

出荷してもすぐに販売できなくなってしまう賞味期限や使用期限の短い商品を発送しないようにしたいが、業務が煩雑になり時間がかかる。

解決方法

賞味期限や使用期限が短くなった商品を出荷引き当てしないようにシステムでチェック

商品が入荷した際に、その商品の賞味期限や使用期限を在庫管理システムに登録し、それらの情報も管理できる入庫票を発行。この入庫票を元に在庫管理システムの指示内容に沿って倉庫内作業を行います。
在庫管理システムで賞味期限や使用期限を管理し、それらが一定期間より短い商品は出荷引き当てを行わないようにシステムで管理します。

一定期間以上、賞味期限や使用期限が短くなった商品を出荷引き当てしないようにシステムでチェック

賞味期限・使用期限切れチェックのメリット

商品に賞味期限や使用期限などがある場合、それらが極端に短くなった状態で出荷しても、お客様が購入する頃にはそれらが切れてしまい、販売できないという事態も発生してしまいます。
賞味期限・使用期限に余裕のある状態で届けるため、出荷期限切れチェックを行うことで、これらのトラブルを回避できるようになります。
在庫管理システムなどを導入し、システムを活用することで出荷期限切れチェックを効果的に行えるようになります。

お問い合わせ

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:40