在庫管理システム@wmsによる在庫管理・倉庫管理のよくある課題の解決方法をご紹介します。

課題

賞味期限の逆転チェックを行いたい

出荷先、商品ごとに以前出荷した商品よりも賞味期限が短い商品を送らないようにしたいが、目視確認ではミスが発生してしまう。

解決方法

過去の出荷履歴より,出荷先別、商品別に賞味期限の逆転がないように出荷引当を実施

出荷先、商品ごとに最終出荷賞味期限と比較し、賞味期限が逆転しない商品の引き当てを実施、その指示に沿って作業を行うことで、賞味期限の短い商品を送らないように出来ます。

出荷先ごとに出荷した商品の賞味期限をシステムで管理。賞味期限が以前出荷した商品よりも長い商品のみ出荷の引き当てを実施

賞味期限・出荷期限を管理するメリット

倉庫・3PL業におきましては、物流品質を改善しお客様からの信頼を勝ち取るには、在庫精度・出荷精度を改善することももちろん重要ですが、賞味期限やロット管理など様々な商品に付属するデータを管理する必要があります。
特に食品や化粧品におきましては、賞味期限・使用期限が短くなった商品は販売ができないので、日付管理を徹底し、賞味期限の逆転が起こらないに注意することが重要です。
このような対応を適切に行うことで、お客様からの信頼を獲得することができるようになります。

お問い合わせ

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:40