在庫管理システム@wmsによる在庫管理・倉庫管理のよくある課題の解決方法をご紹介します。

課題

ロット割れを防止したい

お客様から商品の発送の際にはロット割れが発生しないように要望を受けているが、目視の確認では手間がかかり対応が難しい。

解決方法

出荷単位で複数のロットが混在しないようにシステムでチェックした上で出荷引き当てを実施

商品が入荷した際に、その商品のロット番号を在庫管理システムに登録し、その情報も管理できる入庫ナンバーを発行。その入庫ナンバーを元に在庫管理システムの指示内容に沿って倉庫内作業を実施します。
商品を出荷する際にシステムでロット割れが発生しないように、入庫ナンバーに出荷引き当てを行うことで、ロット割れを防止することができるようになります。

出荷単位で複数のロットが混在しないようにシステムでチェックした上で出荷引き当てを実施

ロット管理のポイント

倉庫・3PL業においては、荷主からの要望により先入先出やトレーサビリティへの対応のみならず、ロット割れ防止など様々なニーズに対応することも重要になります。
これらの要望に対して、手作業や目視確認で対応しようとしても、業務が煩雑になり、ミスも発生してしまいます。
在庫管理システムとバーコード、ハンディターミナルなどを活用することで、業務をシンプルに行えるようになり、作業の効率化も実現します。

お問い合わせ

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:40