在庫管理システム@wmsによる在庫管理・倉庫管理のよくある課題の解決方法をご紹介します。

課題

荷主ごとに荷物の保管・出荷方法が違い、業務が煩雑なので効率化したい

倉庫・3PL業で複数の荷主の荷物を預かっているが、荷主毎に異なる保管・出荷方法などの運用を把握するのが難しい。

解決方法

荷主ごとに異なる入荷や出荷方法・商品の管理ができるシステムの導入

在庫管理システム@wmsは複数の荷主の在庫管理が行えるだけでなく、荷主ごとの商品の保管方法や出荷方法にも個別に対応できるため、業務をスムーズに行うことが可能になります。

荷主ごとに異なる入荷や出荷方法・商品の管理ができるシステムの導入

倉庫・3PL業様向けの在庫管理システムを選ぶポイント

倉庫・3PL業においては、複数の荷主の商品を管理することが多く、その荷主のニーズにあった商品の保管や管理、出荷作業や流通加工などの対応をする必要があります。
もちろん、取り扱う商品によって、賞味期限やロット番号など管理する項目も変わってきます。
複数荷主に対応した在庫管理システム@wmsを導入することで、それらの管理を1つのシステムで行えるので、荷主ごとにシステムを導入する必要がなく、システムの導入費用を削減。また、1つのシステムで管理できるので業務を効率化することができるようになります。

お問い合わせ

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:40