在庫管理システム@wmsによる在庫管理・倉庫管理のよくある課題の解決方法をご紹介します。

課題

在庫の先入れ先出しをしたい

入荷日・製造日・賞味期限が管理されていないため、先入先出が行えない。

解決方法

入荷日・製造日・賞味期限などの日付をシステムで管理

商品が入荷した際に、在庫管理システムで商品と入荷日・製造日・賞味期限などを登録して、入庫票を出力し、商品に添付します。
商品の出荷指示に対して、在庫管理システムで入荷日・製造日・賞味期限などの日付が古い商品から引き当てを行い、入庫票を元にピッキング作業を実施します。

在庫の先入れ先出し

先入れ先出しのポイント

適切に倉庫内の商品の先入先出を行わないと、以前入荷した商品がそのまま残ってしまい、結果的に賞味期限・使用期限などが短くなり出荷出来なくなるというケースも考えられます。
新しく商品が入荷した場合には、商品をそのまま棚に保管。出荷の際には、先に保管してあった商品を後ろから取り出すという方法もあります。
しかし、正確に先入れ先出しを行うには業務をシステム化し、バーコード照合によるチェックを行うことが効果的です。

お問い合わせ

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:40