在庫管理システム@wmsによる在庫管理・倉庫管理のよくある課題の解決方法をご紹介します。

課題

ネット通販における送り状の貼り間違えや納品書の入れ間違えを防止したい

商品の発送作業を行っている時に、送り状の貼り間違えや納品書の入れ間違いの誤出荷が発生してしまう。

解決方法

商品・送り状・納品書のバーコードを読み取る3点チェックを行うことにより誤出荷を防止

出荷検品の際に、ハンディターミナルなどを使ってバーコード照合による検品を行います。
事前にシステムに取り込んだ出荷予定のデータと差異がないか、商品のバーコード・送り状のバーコード・納品書のバーコードを読み取る3点チェックを行うことで正確な出荷検品が行え、誤出荷を防止することができます。

ハンディターミナルなどを活用し、商品・送り状・納品書のバーコードを読み取る3点チェックを行うことにより誤出荷を防止

バーコード検品のメリット

ネット通販事業者におきましては、様々な種類の誤出荷が発生する可能性があります。
・商品の間違い
・出荷数の間違い
・発送先の間違い
・納品書の入れ間違い
これらの誤出荷により、お客様にご迷惑をかけてしまった場合には、追加の送料を払って再送したり、謝罪の連絡をしなければならないこともあります。
また、納品書の入れ間違いや発送先の間違いなどの際には、個人情報が流出してしまうことになるので、注意が必要です。
このようなトラブルを回避するためにも、バーコード照合を活用した検品作業のシステム化が重要になります。

お問い合わせ

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:40