在庫管理システム@wmsによる在庫管理・倉庫管理のよくある課題の解決方法をご紹介します。

課題

トレーサビリティに対応したい

万が一に備えて商品の賞味期限やロット番号を管理し、トレーサビリティに対応したいが、手作業でそれらの管理を行うのは難しい。

解決方法

商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入

商品の入荷時に賞味期限・ロット番号などを在庫管理システムへ登録し、それらのデータの管理もできる入庫ナンバーを発行。この入庫ナンバーを元に在庫管理システムの指示内容に沿って倉庫内作業を行うことで、各々の商品と賞味期限・ロット番号の紐づけが可能になります。
これにより、作業履歴が明確になり、どの商品を何処に出荷したのかなども一目で確認でき、トレーサビリティへの対応が可能になります。

トレーサビリティに対応

トレーサビリティのポイント

近年では、生産した商品の品質管理がさらに重要になり、製造業ではトレーサビリティへの対応が不可欠になっています。
手作業やExcelなどへの手入力では管理が煩雑になるため、トレーサビリティに対応する手法としては、システムを使って管理する方法が一般的になっています。
万が一商品に不具合が発覚した場合に、何処に出荷した商品かすぐに確認できる「トレースフォワード」。不良が発見された時期から遡り、何処でいつ 生産されたかを明確にする「トレースバック」。これらに対応できるようになることで、不具合が発覚した際にもスピーディーに対処できるようになります。

お問い合わせ

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:40