在庫管理システム@wmsによる在庫管理・倉庫管理のよくある課題の解決方法をご紹介します。

課題

色違い、サイズ違いの商品を正確に管理したい

色違い、サイズ違いの商品でピッキングミスや誤出荷が発生してしまう。品名や品番も類似しているため確認作業に時間がかかる。

解決方法

色違い、サイズ違いの商品の品番を分け、バーコードを活用しシステムで管理

色違い、サイズ違いの商品が個別の品番を持ちバーコードが添付されている場合には、それを活用しシステムで在庫管理を行います。
もし、それらが個別の品番がない場合は、色違い、サイズ違いで品番を分けることによって、在庫管理システムでは別商品として扱うことができます。
バーコードのラベルを発行し、添付することでシステムで管理することが可能になります。

色違い、サイズ違いの商品を正確に管理したい

誤出荷を防止するポイント

ネットショップなどの小売業において、もっとも誤出荷が発生しやすいケースは色違いやサイズ違いなどの発送ミスではないでしょうか?
商品の色や柄などが似ている場合には、間違いやすい商品がある旨を倉庫内のスタッフメンバー間で共有することが重要になります。
もちろん、色違い、サイズ違いの商品ごとに個別のバーコードがついている場合には、システムを活用し、それらのバーコードをハンディターミナルなどで読み取ることでミスを防止できます。
またバーコードがない場合には、ラベルプリンタでバーコードのついた商品ラベルを発行します。これによりバーコードを使って管理できるようになり、作業ミスを防止することができるようになります。

お問い合わせ

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:40